ハンセン病とは

 ハンセン病は、らい菌の感染によって起こる慢性の感染症です。はじめ末梢神経や皮膚で増殖します。適切な治療がなかった時代には、次いで咽喉や眼がおかされ、さらにはいろいろな内臓にも病変が及ぶことがありました。しかし、このような状態になっても、らい菌の感染のみで、ヒトが死に至ることはありませんでした。すなわち、らい菌はきわめて毒性の低い細菌なのです。感染に関しては、らい菌に対して抵抗力の弱い人が繰り返して接触しなければ成立することはありません。明治以来、ハンセン病療養所職員の中で患者からの感染でハンセン病に罹った人はいません。さらに感染の成立や発病には、社会経済状態が大きく関与していて、現在の日本のように文明の発達した社会では新しくハンセン病に罹る人は減少し、21世紀になってからは、年間数名で、日本人では殆どありません。

 しかし、適切な治療がなかった時代には、顔や手足に何らかの後遺症を残すことがありましたが、今ではハンセン病は治癒していますから、そのための障害は一般の肢体障害と同じです。また、知覚麻痺のため、知らない間に傷をつくったりしますが、普通の傷の処置で十分治ります。

 治療法として、プロミン(スルフォン剤)による単剤治療が行われ、1943年(昭和18年)画期的な成功が報告されました。70年代前半には、リファンピシン(抗生物質)の強い殺菌作用が認められ、81年のWHO(世界保健機関)の多剤併用治療の開発へと結びつきました。現在では、多剤併用治療を適切に用いることにより、障害を残すことなく治癒いたします。

 なお、「らい」という呼び方は、偏見や差別をうむものとして、平成8年のらい予防法廃止に伴い「ハンセン病」に正式に改められました。「らい菌」、「らい反応」などの医学用語を除いて「ハンセン病」と呼び換えられています。

 ハンセン病は、1909年「癩予防ニ関スル件」に基づき全国5ヶ所の公立療養所が設立され隔離政策が始まりました。その後1931年の「癩予防法」制定により全国のハンセン病患者を療養所へ隔離することができるとされ、「無癩県運動」、「強制隔離」、「強制収容」へと発展していったわけです。その後1953年に「癩予防法」を見直した「らい予防法」が交付されましたが「強制隔離」などはそのまま残り、1996年の「らい予防法の廃止に関する法律」が制定されるまで続いたのです。そして、2001年「らい予防法」は熊本地裁判決で「憲法違反である」との判決が下ったのです。

 この判決が確定しこれを受けた衆参両院決議、「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」、更には「ハンセン病問題の解決の促進に関する法律」(ハンセン病問題基本法)においてその誤りが再三指摘、確認されているところです。らい予防法廃止、熊本地裁判決から十数年を経過していますが、ハンセン病回復者の皆様が、故郷へ帰れない、家族との交流ができない、更に医療機関へ通えない、ご家族も回復者との関係を隠して暮らしているという状況が未だに続いているのが現状です。

 これは、永きにわたる国の誤った強制隔離政策により「ハンセン病は恐ろしい伝染病である」と意図的に吹聴し、国民各層に無用な恐怖心をあおりハンセン病を必要以上に恐れさせ偏見・差別を助長したのです。その結果、患者さん、家族の皆さんに甚大な苦難と被害を与えてしまったのです。

 ふれあい福祉協会は、前身である「癩予防協会」「藤楓協会」の時代に、ハンセン病患者の強制収容、絶対隔離といった国の政策推進に加担してしまいました。これらの歴史的事実を真摯に受け止め、深く反省し、人間の持つ偏見・差別の恐ろしさ、2度と過ちを繰り返させない、同時に犠牲を強いられた方々の名誉回復のためハンセン病問題に積極的に取り組んで参ります。