東梅ホーム

 宿泊施設「東梅寮」の活用を図るため、車両競技公益資金記念財団と地元渋谷区の支援を得て、建物の改善整備を行い、その一部(当初4室、平成16年11月から6室)を精神障害者を主たる対象とした障害福祉サービス「共同生活援助」事業(障害者総合支援法第5条16項)のグループホーム(第1東梅ホーム)として、利用者の方の社会復帰促進及び自立のための支援をいたしております。また、平成20年より、1階部分の1室を精神障害者を対象としたショートスティ事業の居室として活用しております。
 更に、平成23年3月からは、(財)JKA、東京都及び渋谷区の支援を受けて定員5名のグループホーム(第2東梅ホーム)を新築し開設いたしました。

東梅ホーム連絡窓口 050-5509-7475

グループホームの利用について

 東梅ホームは精神障害者の方が次の自立した生活へのステップの場として生活するところです。
 東梅ホームを退居された方の相談支援も地域活動支援センターふれあいと協力して行なっています。

ご利用できる方は

  • 18歳以上の方
  • 通院治療(服薬管理含む)を継続している方
  • デイケアおよび共同作業所等に通所されている方、お仕事をされている方
  • 将来自立するため生活の練習をしたい方
  • 主治医がグループホーム入居に賛成している方
  • 本人の入居の意志がしっかりしている方

日常生活は

世話人が相談にのり支援いたします。なお、食事の提供はありません。

入居方法

 本人またはご家族等による利用相談・見学・体験入居・利用申請(利用申込書、医師の意見書、保健師の意見書等)・訓練等給付費の申請(計画相談・認定調査あり)を経て、入居等検討会にて入居の適否を判断した結果「適」となれば東梅ホームと利用契約を締結して入居となります。

ご利用は

 2年を基本に、状況により、最長3年までご利用いただける場合があります。

ショートステイの利用について

 少し息抜きをしたいとき、同居している家族と一時的に離れたいとき、ご家族が留守にするとき、などにご利用いただけます。

ご利用できる方は

  • 渋谷区内に住所を有する18歳以上の方
  • 通院治療(服薬管理含む)を継続している方
  • 主治医がショートスティに賛成している方
    ※緊急の受診や入院の必要性がある方はご利用いただけません。

利用期間は

 月~土曜日の5日以内(初回は2日以内)。なお、食事の提供はありません。
(※土曜日の利用については応相談)

料金は

 1日500円、1泊1,000円(光熱費別)でご利用いただけます。